ホーム>STAFF BLOG

STAFF BLOG

企画中?製作中?

只今アストロ電子企画と共同で新製品のオーディオ専用の電源ボックスを開発中です。

ほぼほぼ材質、デザイン等も決まり、現在初号機を製作中です。

電源ケーブルはオーナーの好みもあるので、付属しません。口は6口と4口の予定です。

お楽しみに!!

202062316205.jpg

 

アストロ電子企画の魅力 その2

前回のアストロ電子企画の強固なシャシー造りからのつづき。
 
内部はどうでしょう。トランスは仕様にもよりますが橋本電気製をメインに上級モデルにはアストロ電子特注仕様を使っています。
 
202067192111.JPG
 
そして選りすぐられた内部パーツ、例えば自己バイアスコンデンサーは、一般的に採用されている物が200~300マイクロに対して、アストロ電子企画では8000マイクロと桁違いのコンデンサーを使用しています。
これにより小音量でも音が痩せる事なくしっかりと表現されます。それらパーツ類を無酸素銅の単線で一つづつ丁寧に配線していきます。
 
20206720402.JPG
 
放熱、制振、雑音対策が施された二段構造に配線された見事な回路類。アストロ電子企画の配線は乱れが無く、とにかく美しいの一言。
 
202067204925.jpg
 
202067205044.jpg
 
202067205127.jpg
 
職人の一つの行き着いた領域を感じさせる造りですね。
このシャシーを支える足元には無酸素銅やアルミ合金ブロックから削り出したフットベースが採用されています。フットベースとシャシーの間には若牛の革を挟み込んで取り付ける事で更なる制振に留意しています。
実はアストロ電子企画のアンプには外からでも判断できるサーキットブレーカーが付いていて、異常があるとボディ下で青い(または緑)LEDアンプが点灯する作りになっています。
これがある事で何か問題が発生した時にアンプが原因なのか外部の要因が原因なのかの判断が容易に出来るので、いざという時に意外と役に立つ機能です。
 
202067214213.jpg
 
アンプ類の最後を締めるのは、アルマイト加工が施された10ミリ厚のアルミ合金製フロントパネルとアルミ合金ブロック製のノブです。
スベスベとした手触りは、とても気持ち良く扱い易いです。
 
202067213517.JPG
 
今回はステンレスボディを持つ上級グレードがメインの紹介になりましたが、価格の抑えたアルミ合金製シャシーのアンプも基本的に作りは同じなんです。
通称52Sと呼ばれるアルミ合金で、さび防止・高強度、特に強度抗疲労の物を採用しています。
 
如何でしたでしょうか? 少しでもアストロ電子企画の商品をわかってくれたのではないかと思います。もちろん一番肝心なのは音ですね!
一言で言うと「透明度が高い」でしょうか。ストレートで色付けをしていない気持ちのいい音です。
 
値段だけ見てしまうとちょっと高いですが、これだけの内容と製作工程を考えると決して高くはないと思います。
 
貸し出し試聴もご利用頂けますので是非お試し下さい。
 
 
 
 

アストロ電子企画の魅力 その1

アストロ電子企画をご存じない方に同社製品のこだわりをご紹介。
先ずは、何と言っても鏡のように磨き上げられた見事なステンレスのシャシーです。
 
202064191950.JPG
 
ステンレスは鉄とクロム・ニッケルの合金で、このクロムとニッケルの割合が高いほど高品質で高級なステンレスになります。アストロ電子で採用しているステンレスは18-18の配合率です。一般的な食器のステンレスは18-8, 18-10でかなり品質の高いカトラリーだそうですので、アストロ電子のステンレス・シャシーはかなりの高級品という事になります。触れば分かるのですが、気持ち良いほどスベスベです。
 
202064185910.jpg
 
ステンレスの厚さは2ミリ及び3ミリ(VIP, SP, MKシリーズ)とかなりの厚さです。
非常に硬いステンレスを特殊な技術で折り曲げ加工する事で、アストロ電子の特徴である継ぎ目のない頑強なシャシーに仕上がります。
この頑強で美しいシャシーは、その重量(非常に重い)と相まって制振防振効果を上げています。
ここまで来ると金額も相当なものでフルサイズのアンプになるとシャシーだけで20万円程!!にもなります。
 
20206419480.JPG
 
更にアストロ電子ではステンレスの筐体の内側には無酸素銅板または18-18ステンレスで補強又は取り付け部品用に2段構造に使用しています。もちろん鏡面仕上げ。
 
202065154543.jpg

続く

 

バクーンプロダクツ のCAPシリーズがニューフェイスに!!

バクーンプロダクツが展開する人気の小型オーディオCAPシリーズの顔が変わりました!!(一部抜いて)

元々CAPシリーズは価格を抑えるために外装関係は市販の汎用品を使っているのですが、正直見た目が安っぽい。。購入された皆様ごめんなさい汗。。

中身や性能がスゴイのに見た目で、大分損をしている。。 売る側の当店としても、もっとカッコ良くなれば、特にあのツマミ。。上級モデルとの統一感があったほうがいい。

若いお客様にも同じ性能なら価格が高くても見た目が良い方を選ぶとの意見も伺いました。

実は、上記の事を直接バクーンプロダクツ代表の永井さんに伝えていました。

それから数ヶ月が経ち、先日永井さんから新しいCAPシリーズの写真と共に連絡があり、リクエストに応えて造った、っと。笑。。

ツマミをバクーンプロダクツの上級モデルと同じ特徴のあるオレンジのノブへ交換されて、一目でバクーンプロダクツの製品と判るブラックとオレンジのコンビネーションの外観に!!

バクーンプロダクツとして統一感も出来、質感も格段に良くなっているじゃないですか。

2020529171015.jpg

どうでしょう? とっても良くなったとは思いませんか?

このオレンジのノブですが、上級モデルで使われているのはベークライトという樹脂で出来ていて一つで8000円!!以上するらしいです。

流石にCAPシリーズには使えないので、3Dプリンターを使って独自生産をして、かなりコストは落としているのですが、それでも今までのモデルよりは2000~4000円程値上がりしています。

ですので、今までのモデルと今回のモデルを暫くは選択してご購入頂けます。

今までちょっとな〜と思っていた皆さま! 是非よろしくお願い致します!!

 

SATRI-LINK/電流伝送が普通のアンプと繋げられる!!

バクーンプロダクツの最大の特徴でもある電流信号を使ったSATRI-LINKは、電流信号から電流信号のSATRI-LINKを備えた機種のみに活かされた絶対的なアドバンテージです。

電流信号の高電圧に耐えられず一般的な電圧信号のオーディオ機器では、電流信号の信号欠落の無い莫大な情報量かつノイズレスの音楽信号を享受できませんでした。

が。。

バクーンプロダクツから遂に電流伝送の送受信器が誕生しました!!

それぞれ

SATRI-LINK受信アダプター SRX-1001

SATRI-LINK送信アダプター STX-1001

2020527193445.jpg

折角、SATRI-LINKが搭載されているのに繋いでいる機器にSATRI-LINKが付いていなくて電流伝送が使えなかった人には朗報です。

正直に言えば、アダプター側の送受信伝送にはRCAケーブルを使うので完璧な電流伝送ではないので、双方向SATRI-LINK搭載機器による完璧に電流伝送には叶わないのですが。。RCAケーブルは短くてグレードの良いものがオススメです。

とはいえ、何と言っても機器のケーブル間が1メートルを超えてきて長くなるほど、このアダプターの電流伝送と電圧伝送では音質の差が大きくなって行きますので、使う価値大です!

個人的にはSATRI-LINK送信アダプター STX-1001を使ったDAコンバーターやフォノイコライザーからSATRIアンプ間がベストなのではないかと思っています。アンプ側が音楽信号を電流伝送のままで受けることが出来るからです。

電源必須でDC5V若しくはUSB電源供給が必要です。バクーン以外の愛着のある機器を使ってSATRI-LINKの電流信号を活かしたい方は是非お試しください!!

もちろんSATRI-LINK以外の電流信号を使用した機器にも使えます。

 

 

A&Cオーディオから待望の小型スピーカーがデビュー!!

A&Cオーディオが展開するTRI PHONIC(トライフォニック)スピーカーから、新しい小型スピーカー"MONITOR-061"が発売されました!

2020519142918.jpg

以前からA&Cオーディオのブログでは開発進行状況などが細かくアップされていましたが、今月16日に遂に販売開始となりました!

この"MONITOR-061"(モニター061)、高さ24cm幅15cm奥行き22.5cmととっても小さいスピーカー ですが、A&Cオーディオ・トライフォニックの例にもれず、6cm 超硬振動板ウーファーユニットから始まり、キャビネット、吸音材他、全てが凝りまくった造りになっています。詳細は商品ページでご確認下さいね。

それでいて価格は10万円前後に抑え切るという企業努力をされている!! これは、A&Cオーディオでは一部の組み付けパーツを除いて全て自社で開発及び製造しているんですね。開発に掛かった期間やコストとほぼ手作業での製造を考えるととても考えられない位のバーゲンプライスだと思います。機械でカッチョンカッチョン大量生産される数千円数万円のスピーカーとはワケが違います。

価格を抑える為に塗装も省いてますが、グレーなので塗料乗りが良さそうなので、腕に覚えのある方はお好みの色に塗装するのもアリかも。

とはいえ、一番肝心なのは音ですが、こちらもオーディオ誌の企画での試作機の試聴確認でも既にかなり好評を得ていますよ!!

受注生産になりますので、出荷には2週間程お時間をいただきますが、全て手作業なのでご容赦を!

ご注文お待ちしております!!

 

 

 

スペシャルモデル 残りわずか!!

バクーンプロダクツから現在、MK3モデルからMK4モデルに切り替わる中で、旧型MK3用シャシーに最新のMK4回路を搭載したアウトレットモデルが各種提供されています。

どれもお買い得価格なのですが、中でも特にオススメなのが大型のパワーアンプ5513のシャシーを用いて製作されたアウトレット専用モデルのAMP-5513JOです。

2020511143342.jpg

このモデルが他のアウトレット製品と違うのは、この先も作る事はないスペシャルモデルなのです。

内容ですが、簡単にいうと2台分のAMP-5521を一台にまとめ上げ、専用のアッテネーターを与えたのが、このスペシャルアンプです。

通常のAMP-5521MK4であれば、BTL仕様アンプは2台のシャシーで作るところです。当然中の回路は全て最新のMK4回路で構成されています。

金額ベースでいうと130万円以上になる製品を80万円という特別価格で手に入ります!! 音は言うまでもなく最高品質のバクーンサウンドです! 

2台限定で製作していますが、残り一台です!!! 

その他のMK4アウトレットモデルもそれぞれ残りわずかですのでお見逃しなく!!!

https://www.exclusive-audio.jp/shop/products/list.php?category_id=138

そろそろ皆さん外出制限、自粛に飽き飽きしているところでしょうが、コロナウイルスには、まだまだ十二分に気を付けて愉しい音楽生活をお送りください。

緊急事態宣言後の対応について

およそ既定路線であった緊急事態宣言が発動されました。

今後の当店の対応は基本的には変わりませんが、当店がお取り引きをしている一部メーカーは自粛をするなどの対応により一時的にお取扱いを停止します。

コロナウィルスの影響で納期には影響が出る場合があると思われますが、当店が取り扱っているほとんどのブランドは比較的小規模の企業と指定区域外の所在地ですので通常営業致します。

ですので、安心して商品のご購入を楽しんで頂ければと思います。

自粛をして閉じこもる機会を利用して音楽鑑賞を思う存分楽しんで下さい。

またこれを機会に気になるオーディオ機器のご購入をして頂けると当店を始め、小規模なオーディオメーカーは助かりますので是非ご利用ください!

皆様もなるべく外出を控えてお体に気をつけて音楽鑑賞を堪能して下さい。

 

 

吉柴音響の値段変更について

吉柴音響の一部商品の値段が変更になりました。

具体的には人気商品の300B Woodが300B Wood MK2へとモデルチェンジしたタイミングで、折からの部品価格高騰に合わせて値上げとなりました。

また、同様の理由でプリアンプのPR-001も値上げとなりました。

また、ハイエンド・プリアンプのPR-999とPR-001の間のモデル(昨年の真空管オーディオフェアで公開)が近々販売開始する予定です。

 

またもや雑誌に

バクーンプロダクツの新しいデジタル対応機達がMJ誌に紹介されました。

既にご存知の方や記事を読んでご購入された方もいらっしゃいますが、改めてブログにあげてしまいます笑)

2020321154834.jpeg

簡単に言ってしまうと絶賛です笑)

個人的にはデジタルセレクターのCAP-1006とUSB/PDIF変換器USC-1001がオススメです。

DAコンバーターのCAP-1005でも金額を超えたパフォーマンスを披露してくれますが、CAP-1006は乱れたデジタル信号を整えて、音源をシャキッとさせて透明度も高めてくれます。

USC-1001はお使いのPCに閉じ込められている高音質の音源をUSBで劣化させる事なくDAコンバーターまで運び出してお手持ちのオーディオ機器で音楽を楽しませくれます。

どれもデジタル音楽生活を一変させてくれる逸品です!!

このバクーンプロダクツのCAPシリーズですが、まあ見た目、外観がどうも安くて金額に合わないのではと思う方もいらっしゃると思うのですが、オリジナルの内部部品や研究開発コストと独自開発故の製造コストが掛かるので、製品コストを抑えて行く為に外側のケーシングやスイッチ等を汎用品にしています。中身は同社の上級モデルを応用または転用しているので、実は相当コストパフォーマンスが高くお買い得なんです。

MJ誌に掲載されているのは、バクーンから取材のお願いをしたのではなく(メーカーから取材以来はかなり多いですよ商品の宣伝のために)、噂を耳にした雑誌社がバクーンに取材依頼をして掲載に至っています。

耳の肥えた海外からのファンも多いバクーンプロダクツを足掛かりとして是非味わって頂きたいです。