ホーム>STAFF BLOG

STAFF BLOG

スピーカーの選び方の話

オーディオを始めるに当たってアンプとともに避けて通れないのがスピーカーです。

オーディオでよく言われることなのですが、お金を掛ける割合で「5・3・2の法則」というものがあります。
 
具体的には、スピーカー5割、アンプ3割、プレーヤー2割のようです。要はスピーカーの性能が一番!高級なアンプを購入しても、スピーカーの性能が低いようだとあまり意味がないと。。レーシングカーに例えると高性能エンジンを搭載していても路面に直接接するタイヤに十分なグリップが無いとサーキットでは速く走れません。エンジン(アンプ)が良くても路面(耳)に伝えるタイヤ(スピーカー)が劣ると速く走れない(良い音で聴けない)というわけですね。
より高品質の音楽ライフを楽しむためには、自分の目的に合ったスピーカーを選ぶことがとても大切ですね。値段も形も様々ですが、自分なりのポイントをしっかり押さえて選ぶようにしましょう。
 

スピーカーの種類 ー大きさ、基本形状での選び方ー

 
ブックシェルフ型
『ブックシェルフ』という名前の通り、本棚に入る程度のスピーカーに作られたもので、コンパクトで設置しやすいのが特長です。比較的小型のスピーカーが多く、デスクトップでの近接視聴にも向いています。スピーカー下部にスタンドなどを使ってユニットを出来るだけ耳の高さに持ってくるのが理想です。音質については、低音が出にくいタイプが多いですが、立体感に優れた中高音域がクリアな音が楽しめるスピーカーです。
 
2020817183355.jpg
 
フロア型
そのまま床に置いて使う中型以上のスピーカーです。ブックシェルフが大きくなったような形のスピーカーです。大型ですので場所を取りますが、低音からワイドレンジで、高音まで幅広く再生でき、大きな部屋で大音量を出したい、本格的なスピーカーが欲しい方にはおすすめですが、かなり高額なスピーカーがほとんどです。
 
2020817183953.jpg
 
トールボーイ型
フロア型の中でも設置面積をそれほど取らず、縦長タイプのスピーカーです。設置場所にも困らず、デザインもスタイリッシュなものが多く魅力的なスピーカーです。音質は、幅広い音域をカバーでき、特に低音がよく聞こえるフロア型の性能を備えた万能型タイプで、もっとも人気があるスピーカーです。
 
2020817192220.jpg
 
筐体(エンクロージャー)に穴を空けているスピーカーをバスレフ型と呼びます。そこから低音を放射して低音の量感を増やしています。その一方、穴がないのが密閉型です。
 
2020916235913.jpg
 
 

スピーカーのスペックの話

アンプからスピーカーに入力された電力を音に変換する効率が出力音圧レベルまたは能率と言います。数値は80dB前半から100dB前後です。この数値が高いほどアンプの出力が小さくても大きな音を出せます。昔は2,3Wと出力の小さな真空管アンプを大音量で鳴らすために大型スピーカーは100dB以上のものは多かったのですが、現在では真空管アンプ以外の様々な高出力のアンプがあるため、高能率のスピーカーは大体80dB後半から90dB前後です。選び方としては、大きな部屋で大音量を出したい、真空管アンプで出力が小さい場合は、85dB以上のスピーカーが最適です。それ以外の条件の場合は余り気にするほどの問題ではないでしょう。
 
202091616342.JPG
 
多くのスピーカーは、スピーカーユニットが2個以上あります。これは人間の可聴帯域(20Hz-20kHz)を1つのユニットで綺麗に再生するのが難しく音域を分けて出音するためです。それぞれのスピーカーユニットの再生帯域が重なる部分をクロスオーバーと言い、ユニットの数を増やすと音の繋がりの不自然になったり、出音場所の分散によって音のバランスが悪くなるので大体2、3個のユニットが大多数です。また、音域は狭いですが自然な音質と定位の良さを取ってあえて1つのユニットのみを使うフルレンジスピーカーも人気があります。ハイレゾ音源への対応は、高音域が40kHz以上の再生可能なものになります。CDは人間の聴ける範囲だけ大雑把に収録しているディスクです。ハイレゾ音源は人間の可聴帯域(20Hz-20kHz)以上の広範囲の音域を詳細に収録している音源です。先祖返りでレコードに近くなったって事でしょうか笑。スピーカーが対応していなくても、ハイレゾ音源を聴けないわけでも、音が悪くなるわけでもありません。その証拠に高額なスピーカーでも高音域が20kHz前後のモデルは沢山存在しています。これは可聴範囲でいかに音を豊かに気持ち良く最上の手段で聴かせるかと出力音圧レベル、能率の方をより重要視しているからです。
 
202091616715.jpg
 
そして最後にインピーダンスというものがあります。電気抵抗の大きさを表す数値で単位はΩ(オーム)で、ほぼ4, 6, 8Ωのうちのどれかです。数値が低いほどアンプの出力は大きいですが、アンプへの負担は大きく、4Ωのスピーカーの場合は4Ω対応のアンプを使うことが無難でしょう。スピーカーのインピーダンスが6, 8Ωのものは、どのアンプとも気兼ねなく使用できます。
 
2020916161136.jpg
 
音楽を聴いていて低い音が物足りないようであれば、低音専用のスピーカーであるサブウーファーを追加、高音域が足りないと感じるようであれば高音用スピーカーのツイーターを追加して自分好みの音へとバージョンアップする事もオーディオの楽しみの一つですね。
 
上記の組み合わせと使用するアンプ、設置空間を考慮に入れてスピーカーを選んでいきましょう〜!!
 
最後に、5万円程までのスピーカーは値段なりの鳴り方ですが、例えば小さくても10万位円以上するようなスピーカーはスペックで表記された数値を補って余りある設計思想と技術で、想像を遥かに上回る驚くほどいい音を奏でてくれます。
 
202091705036.jpg
 
20209170542.jpg
 
202091705658.jpg
 
 
 

バクーンプロダクツのCAPシリーズが大人気

バクーンプロダクツの卓上サイズCAPシリーズが今お隣韓国で人気が爆発しています!!

日本でも値段に釣り合わない驚きの高音質とオーディオ誌でも絶賛されていますが、

202082616485.jpg2020826164839.jpg

以前から韓国でのバクーンプロダクツの人気や知名度は日本国内よりも高いのですが、コロナの影響もあり安価なCAPシリーズに注目が集まったのだと思います。

韓国のオーディオ関係のユーチューブでも紹介されて高評価を得ているようで、ここで紹介されているヘッドフォンアンプCAP-1003は何十台も入荷待ち状態になってしまいました!!

ケースはショボいけど音は柔らかくてイイね!!との評価のようです。ケースはしょうがない、出来る限り安く提供するためにコスト思いっ切り落としていますので。。

ハングル語わかる方は是非ご覧ください。

ちなみに他にもパワーアンプCAP-1001マルチカーブフォノイコライザーCAP-1004が同じように在庫切れの入荷待ちで9月中旬ごろになる予定です。

 

イコライザカーブを操るフォノイコライザーアンプが登場!!

バクーンプロダクツからハーフサイズのアンプシリーズのフォノイコライザーアンプEQA-5640の最新鋭のMK4が登場しました!!

 

2020823134528.jpg

 

既に好評を博してるCAPシリーズのマルチカーブフォノイコライザーのCAP1004と同様に世界標準のイコライザカーブRIAA以外の5種類の古いイコライザカーブを搭載してのモデルチェンジになります。

CAP-1004との大きな違いは各部品の高品質化、大容量トロイダルトランスのアナログ電源とSATRI-LINK(サトリリンク)、MM/MCカートリッジに幅広く対応した6段階のゲイン設定、そしてバクーンオリジナルのケーシングです。

古いイコライザカーブをおさらいしますと、1950年代までのレコード業界は現在の標準イコライザカーブであるRIAAカーブ以外にも様々なイコライザカーブが混在していました。

イコライザカーブは、当時の各レコード会社がそれぞれ基準を設定、同じ会社でも録音年代によっても違う場合がありました。

が、聴きたいレコードの会社や製作年度が違う度にイコライザカーブが違っていたら、そもそもフォノイコの設定が対応出来なければ、ちゃんとした音で音楽聴けないじゃん、不便だし。となったとかならないとか。。

という事で、誰もが気兼ねなく、ちゃんとした音でレコードを聴けるようにイコライザカーブは統一しましょう、となり(たぶん)、現在は全米レコード協会=RIAAに統一されています。。

今回のバクーンの新しいフォノイコEQA-5640MK4の肝はここからで、市販のほとんどのフォノイコライザーアンプは当然現在のRIAAカーブのみ対応のはずですので、

1950年代半ば以前の古いレコードを聴くときは全然違う設定で本来の音とはかけ離れた音で聴いてることになります。

ということは、音質云々以前の問題ですね。

EQA-5640MK4は現在標準のRIAAと代表的な古いイコライザカーブのNAB, COLUMBIA, FFRR, AES, OLD RCAの6種類のカーブを搭載したイコライザーアンプになります。

 

2020823135111.jpg

 

それら6種類のイコライザカーブを使い分けることによって最新のレコードからお手持ちのヴィンテージ・ディスクをも本来のサウンドで堪能してしまいましょう!!というお品です。

このフォノイコを使ってを50-60年代のレコードを聴いてみると、RIAAに統一されたのが1954年あたりの筈なのに、

例えば1965年にRCAスタジオでレコーディングされたThe Astrud Gilberto AlbumはRIAAで聴くよりRCAで聴いた方が音の伸びや響きが全然良いじゃないですか、的な発見もあります。

ここのRCAスタジオは1964年にハリウッドに造られたスタジオなので、時代的には普通にRIAAだと思うのですが、、もしや、ここで60年代にレコーディングされたアルバムはRCAカーブの方が良いのかもしれません。。

調べた感じだとDECCAあたりも60年代はFFRRでレコーディングしている物もあるようなので、

1960年代のレコードの多くが、実はレコード会社がRIAA以前に設定していたオリジナルのカーブをちゃっかり使っていたりするのではないか?と聴き比べてみるのも楽しみの一つかも知れません。

何れにしても、古いレコードを聴いていて、なんか音がこもっているとか、所蔵しているヴィンテージの本当の音を聴きたいと思っているアナログファンには目から鱗のオススメアイテムです。

ちなみに海外ではバクーンプロダクツの知名度と製品への評価は非常に高く(社名の特許を勝手に申請されて裁判沙汰になる程) CAP-1004は飛ぶように売れている今ホットな製品です。

 

オーディオ始めてみませんか?

今回は、ちょっと音楽鑑賞の裾野を広げて、特に趣味のない人やオーディオに興味はあるけれど、なにから始めていいのか分からない人。もっとよい音で音楽を楽しみたいと思っている人向けにご参考になれたらと思っています。
音楽はいろいろな形で聴かれていますが、いい音楽を聴くために必要最低限の装置は、プレーヤー、スピーカーとアンプです。
プレーヤーは、今やiTuneやアマゾンミュージックを再生するスマホやタブレットだったり、CDプレーヤーやアナログのレコードを再生するレコードプレーヤーなどですね。スピーカーも皆さん誰でもご存知の存在ですね。そしてアンプ、これはプレーヤーにより入力された音楽信号の増幅(英語でamplifyアンプリファイ)や複数の音楽信号の切り替えを行う機器です。この3つの機器が揃って、はじめて良い音で音楽を聴く環境が整います。
 
オーディオの初心者の方だとスピーカーは分かってもアンプって?となるかも知れません。プレーヤーとヘッドフォン有れば音楽聴けちゃいますからね。
 

というわけで、アンプとはなんぞや?です。。

 
『スピーカーから音を出す前に、その音をより良い状態に仕上げる仕事をするのがアンプ』です。
一般的にプレーヤーから出力される音楽信号はとても小さいので、アンプが小さな音楽信号を増幅してスピーカーで鳴らせるレベルの音にします。オーディオの世界で重要視されるのは、再生された音の信号を如何に、そのままの形で耳に届けるか。音の信号を増幅するアンプは『良い音』で音楽を楽しむ為には欠くことのできない存在です。
 

プリアンプとパワーアンプ??

 
アンプは大別するとプリアンプとパワーアンプの2種類になります。
『プリアンプ』とは、入力するプレーヤー(スマホ、CD、レコードプレーヤー等)を繋げることで、何を聴くのか選択したり、音質や音量の調整をする為のアンプです。アンプと言いながらほぼ信号レベルを増幅しないので、スピーカーをつなぐ端子も有りません!
 
20208502443.JPG202085105519.JPG
 
スピーカーから音が出せるように増幅する役割を果たす『パワーアンプ』に音楽信号を送らなければなりません。そのパワーアンプからスピーカーに音を伝えます。
 
20208503524.JPG20208510480.JPG
 
このプリ部とパワー部が独立しているアンプはセパレート型アンプと呼ばれています。セパレート型アンプになると、それぞれで異なるメーカーのものを組み合わせたりして自分好みの音を追求する楽しみが増えたりします。
プリアンプ
パワーアンプ
 
プリ部とパワー部が一体となったタイプを『プリメインアンプ』もしくは『インテグレートアンプ』と呼びます。各メーカーともプリ部の一部を省い音量調節を付けたパワーアンプをラインアップしていますので、それをメインアンプとして一台で使う事も可能です。
2020850239.jpg
 
202085089.JPG
 
20208501240.JPG
 

そして今やレトロとフューチャー感が融合する真空管アンプ

 
当店でも沢山扱っている真空管アンプとはどんなアンプなのでしょうか。
真空管を使って信号を増幅するアンプの事ですが、アンプに限らず、テレビやラジオも昔はみんな真空管で音を増幅していました。しかし、熱も生産も場所も喰う3高の真空管の需要が減り、様々な電気製品は安価で生産性の高いトランジスタに取って代わられました。オーディオ機器も例に漏れずトランジスタを使ったモノが主流になり、真空管を使ったアンプは中小のオーディオメーカーが製造する程度に激減しました。
 
昔からの一般的なイメージはトランジスタアンプは真空管のアンプに比べ『音が冷たい』『真空管独特の柔らかさや温かさが無い』など、真空管アンプは暖かみのあるレトロなサウンドで、トランジスタアンプはシャープで現代的なサウンドという感じですが、今では、実際のところ、そういった感じは無いといって良いと思います。先ずはトランジスタ、コンデンサーなどの内部部品の精度が飛躍的に良くなっている事、と同時に技術が圧倒的に進んだ事。元来再生する音を忠実に再現するようにするということは真空管だろうがトランジスタだろうが、同じように不純物が無く透明度が高くクリアな音になっていくはずです。
 
真空管アンプを製造するアストロ電子企画のアンプはとても精度が高く洗練された透明度が高く従来の真空管アンプのイメージとは違います。これはアストロ電子企画が『原音を忠実に再現する』事をポリシーにしている為です。
 
202086115744.JPG
 
また、独自開発のICチップを使ったアンプを製造するバクーンプロダクツは、世界中のオーディオマニア、オーディオ誌から、その圧倒的な透明感、ディティールの再生音で絶賛されています。こちらも『原音を忠実に再現する』事をポリシーにしています。
 
20208612316.JPG
 
その一方で、真空管アンプの音や音楽を楽しむって、こうでしょう!と独自の音創りをしているブランドもありますね。
 
真空管アンプ製造メーカーの吉柴音響は、かつての真空管アンプの音にあった感性を現代の技術で高次元に再現しつつ、ジャズは低音でしょ〜と低音をかなり意識した音創りをしていて、聴いていて気分が高揚して来るとても気持ちのいい音です。
 
202086121730.jpg
 
そしてワールドワイドで知名度があり、とても人気の高い山本音響工芸の真空管アンプは、繊細で中域が豊かな暖かみのある音は、とても真空管らしい音のイメージかも知れませんね。
 
202086121450.jpg
 
真空管アンプは、真空管を生かした多様なデザインのモノがあり、レトロっぽいデザインの物から未来的なデザインの物まで実に様々。インテリアに合わせて選ぶ楽しみもありますね。
 
当店が扱っているメーカーは下町ロケットように日本全国に点在するアンプ職人、デザイナーが手作業で作り上げたクラフトマンシップが息づく製品ばかりです。
今は真空管アンプは随分取り扱いが楽になっています。難しい調整は必要ありませんし、初心者の方も安心してお楽しみいただけます。
オーディオを始めたばかりの方から、ベテランのオーディオファン、しばらくオーディオから離れていたけれど、またいい音で聴きたくなったという方にもオススメです。
 
 
 
 
 

Bakoon Productsから新世代DAコンバーターがデビュー!!

バクーンプロダクツから新しいMK4と併せてミドルクラスのDAコンバーターDAC-9740がデビューしました!!

DAC-9740のサイズはSCA-7511と同サイズのリニアPCM192kHz/24bitのハイビット・ハイサンプリングに対応したD/Aコンバーターです。

20207201867.jpg

 

新開発のSATRI回路と無帰還の電流電圧変換により、高精細に記録されたデジタルオーディオ、CD, DVDはもちろんPCに収録されているハイレゾのデジタルサウンドをありのままに楽しめます!!

入力もオプティカル2系統、コアキシャル2系統、USB1系統と充実しています。出力は通常のRCAと電流出力のSATRI-LINKを装備。

正直にいってアメリカや韓国のオーディオ誌で高い評価を受けていた上位機種のDAC-9730よりも使い勝手も音も上回っています!!

それでいて値段は30万円を切った思い切った価格設定になっています!!

新しいDACをお探しの方やデジタルサウンドを高次元で楽しみた方にオススメです!!

 

 

 

Bakoon Productsから新世代MK4が登場!!

バクーンプロダクツから、遂に本格的にMK4がラインアップをし始めました!

既に今年に入ってからMK4用の内部の回路の開発は終了してMK3の筐体を使ったアウトレット製品を販売して来ましたが、完全なMK4の筐体が今年の出来事により大幅に遅れていました。

先ずは小型タイプのSCA-7511MK4から!

202071914444.jpg

MK3からは予想していた以上に飛躍的に性能がパワーアップしています。

基盤設計を一新し、自慢のSATRI-IC回路に新しいHIBIKI-ICがプラスされた事により、世界で高い評価を得ていたMK3の時より音の厚み情報量、リアリティーが増しています。新開発の入出力用インピーダンス調整回路、HBFBCを4個搭載しています。

MK3までの電源投入後のバイアス安定までの数分の待ち時間がなくなりました。立ち上りわずか30秒!!

MK3には無かったSATRI-LINK(電流入力)が搭載されました。7511MK3は拡張性が無かったのですが、MK4ではその心配もありません。

ある意味最大の特徴は7511MK4にも*BTLモードが搭載された事ではないでしょうか。今までは上位機種のAMP-5511とAMP-7511Aにのみ対応していたBTLモードです。

しかもそれらはメーカーに持ち込まないと出来なかったのですが、7511MK4は背面にあるBTL切替スイッチで簡単に切り替えることが出来るようになっています。

7511MK4を2台使ってモノラル・パワーアンプとして、歪みがほとんどない遥かにパワフルなサウンドを堪能出来ます。

と以上、7511MK4に付いて書いたのですが、価格もややグレードアップしていますので、廉価モデルはSCA-7500KやCAPシリーズになり、SCA-7511はハーフサイズの中位グレードのAMP-7511といった位置付けになります。

実際、ほぼ全ての点でAMP-7511Aを上回っています。

https://www.exclusive-audio.jp/shop/products/detail.php?product_id=735

もちろん、MK3で評価が高かった本格的なヘッドホンアンプとしての機能も完備。

今までバクーンプロダクツを経験した事のない方にも世界が認めたサウンドを是非ご堪能して頂きたい!!

 

*BTLとはBalanced Transformer Lessの略で、ステレオパワーアンプの2つ(LとR)のスピーカー出力をブリッジ配線してハイパワーなモノラルパワーアンプとして使用する接続方法です。

 

 

企画中?製作中?

只今アストロ電子企画と共同で新製品のオーディオ専用の電源ボックスを開発中です。

ほぼほぼ材質、デザイン等も決まり、現在初号機を製作中です。

電源ケーブルはオーナーの好みもあるので、付属しません。口は6口と4口の予定です。

お楽しみに!!

202062316205.jpg

 

アストロ電子企画の魅力 その2

前回のアストロ電子企画の強固なシャシー造りからのつづき。
 
内部はどうでしょう。トランスは仕様にもよりますが橋本電気製をメインに上級モデルにはアストロ電子特注仕様を使っています。
 
202067192111.JPG
 
そして選りすぐられた内部パーツ、例えば自己バイアスコンデンサーは、一般的に採用されている物が200~300マイクロに対して、アストロ電子企画では8000マイクロと桁違いのコンデンサーを使用しています。
これにより小音量でも音が痩せる事なくしっかりと表現されます。それらパーツ類を無酸素銅の単線で一つづつ丁寧に配線していきます。
 
20206720402.JPG
 
放熱、制振、雑音対策が施された二段構造に配線された見事な回路類。アストロ電子企画の配線は乱れが無く、とにかく美しいの一言。
 
202067204925.jpg
 
202067205044.jpg
 
202067205127.jpg
 
職人の一つの行き着いた領域を感じさせる造りですね。
このシャシーを支える足元には無酸素銅やアルミ合金ブロックから削り出したフットベースが採用されています。フットベースとシャシーの間には若牛の革を挟み込んで取り付ける事で更なる制振に留意しています。
実はアストロ電子企画のアンプには外からでも判断できるサーキットブレーカーが付いていて、異常があるとボディ下で青い(または緑)LEDアンプが点灯する作りになっています。
これがある事で何か問題が発生した時にアンプが原因なのか外部の要因が原因なのかの判断が容易に出来るので、いざという時に意外と役に立つ機能です。
 
202067214213.jpg
 
アンプ類の最後を締めるのは、アルマイト加工が施された10ミリ厚のアルミ合金製フロントパネルとアルミ合金ブロック製のノブです。
スベスベとした手触りは、とても気持ち良く扱い易いです。
 
202067213517.JPG
 
今回はステンレスボディを持つ上級グレードがメインの紹介になりましたが、価格の抑えたアルミ合金製シャシーのアンプも基本的に作りは同じなんです。
通称52Sと呼ばれるアルミ合金で、さび防止・高強度、特に強度抗疲労の物を採用しています。
 
如何でしたでしょうか? 少しでもアストロ電子企画の商品をわかってくれたのではないかと思います。もちろん一番肝心なのは音ですね!
一言で言うと「透明度が高い」でしょうか。ストレートで色付けをしていない気持ちのいい音です。
 
値段だけ見てしまうとちょっと高いですが、これだけの内容と製作工程を考えると決して高くはないと思います。
 
貸し出し試聴もご利用頂けますので是非お試し下さい。
 
 
 
 

アストロ電子企画の魅力 その1

アストロ電子企画をご存じない方に同社製品のこだわりをご紹介。
先ずは、何と言っても鏡のように磨き上げられた見事なステンレスのシャシーです。
 
202064191950.JPG
 
ステンレスは鉄とクロム・ニッケルの合金で、このクロムとニッケルの割合が高いほど高品質で高級なステンレスになります。アストロ電子で採用しているステンレスは18-18の配合率です。一般的な食器のステンレスは18-8, 18-10でかなり品質の高いカトラリーだそうですので、アストロ電子のステンレス・シャシーはかなりの高級品という事になります。触れば分かるのですが、気持ち良いほどスベスベです。
 
202064185910.jpg
 
ステンレスの厚さは2ミリ及び3ミリ(VIP, SP, MKシリーズ)とかなりの厚さです。
非常に硬いステンレスを特殊な技術で折り曲げ加工する事で、アストロ電子の特徴である継ぎ目のない頑強なシャシーに仕上がります。
この頑強で美しいシャシーは、その重量(非常に重い)と相まって制振防振効果を上げています。
ここまで来ると金額も相当なものでフルサイズのアンプになるとシャシーだけで20万円程!!にもなります。
 
20206419480.JPG
 
更にアストロ電子ではステンレスの筐体の内側には無酸素銅板または18-18ステンレスで補強又は取り付け部品用に2段構造に使用しています。もちろん鏡面仕上げ。
 
202065154543.jpg

続く

 

バクーンプロダクツ のCAPシリーズがニューフェイスに!!

バクーンプロダクツが展開する人気の小型オーディオCAPシリーズの顔が変わりました!!(一部抜いて)

元々CAPシリーズは価格を抑えるために外装関係は市販の汎用品を使っているのですが、正直見た目が安っぽい。。購入された皆様ごめんなさい汗。。

中身や性能がスゴイのに見た目で、大分損をしている。。 売る側の当店としても、もっとカッコ良くなれば、特にあのツマミ。。上級モデルとの統一感があったほうがいい。

若いお客様にも同じ性能なら価格が高くても見た目が良い方を選ぶとの意見も伺いました。

実は、上記の事を直接バクーンプロダクツ代表の永井さんに伝えていました。

それから数ヶ月が経ち、先日永井さんから新しいCAPシリーズの写真と共に連絡があり、リクエストに応えて造った、っと。笑。。

ツマミをバクーンプロダクツの上級モデルと同じ特徴のあるオレンジのノブへ交換されて、一目でバクーンプロダクツの製品と判るブラックとオレンジのコンビネーションの外観に!!

バクーンプロダクツとして統一感も出来、質感も格段に良くなっているじゃないですか。

2020529171015.jpg

どうでしょう? とっても良くなったとは思いませんか?

このオレンジのノブですが、上級モデルで使われているのはベークライトという樹脂で出来ていて一つで8000円!!以上するらしいです。

流石にCAPシリーズには使えないので、3Dプリンターを使って独自生産をして、かなりコストは落としているのですが、それでも今までのモデルよりは2000~4000円程値上がりしています。

ですので、今までのモデルと今回のモデルを暫くは選択してご購入頂けます。

今までちょっとな〜と思っていた皆さま! 是非よろしくお願い致します!!