ホーム>STAFF BLOG

STAFF BLOG

アナログリラックスから新製品

analog relaxから新しいMCカートリッジEX3EX3rがデビューしました!

同社ハイエンドモデルEX1の流れを汲むコイルに純銀線を使ったカートリッジです。

ボディは同社カートリッジ製品こだわりの無垢の木材、EX3, EX3r共に楽器にも使われているハードメイプルを採用しています。

そしてこちらも同社独自の方法でネオジウムマグネットを複数配して効率よく発電することが可能しています。

これらの組み合わせによってボーカルや楽器を繊細さとそして力強かを持って絶妙に再現してくれます!

また、EX3rは珍しい丸針を使う事でレコードの溝から余す事なくレコードに刻まれた音を拾い上げて昨今のカートリッジでは出せない音を披露してくれます。

ヴィンテージのディスクに是非使って頂きたいカートリッジです!

2019116172316.jpg

アストロ電子企画 特別セール!!

今月からスタートした10%の消費税導入に併せる形でアストロ電子企画の特別セールを開催します!!

アストロ電子企画の全ての商品を最大6%引きでのご提供をさせて頂きます!!

芸術的な配線と透明感が高く原音に忠実な音作りをご堪能ください。

是非この機会をお見逃しなく!!

https://www.exclusive-audio.jp/shop/products/list.php?category_id=18

 

いよいよ残り3日!! そして、、

四方八方から叫ばれている10月からの10%課税がいよいよやって参ります。。

実質値上げなので、何か買おうと思っている方は是非お早めに!!

そして本題はこちらですが、

実はバクーンプロダクツが、消費税増税に合わせて価格を値上げする事を発表しました。。

え〜〜このタイミングで。。と思いましたが、

こちらも各メーカーさんから聞かされていた部品価格の高騰。

バクーンもこれ以上は耐えられないとのこと。。で、どうせならこのタイミングでということになった様です。

ただし、ほとんどの製品がMK3からMK4へとバージョンアップしている為、そういう意味では一部製品を除き新製品の新価格とも言えます。

また、廉価のCAPシリーズは価格を据え置いてもらいました!!(販売店側が価格上昇分を負担する形です!!ですのでご購入これからもよろしくお願い申し上げます!!!)

 

という事ですので、バクーン製品をご検討の方はお早めにご決断を!!

また、これからもバクーンプロダクツをよろしくお願い申し上げます。

 

2019928112846.JPG

予約受付中!!

バクーンプロダクツのCAPシリーズから新しくデジタル信号分配器のCAP-1006が間もなくデビューです。それに合わせてご予約受け付けます!

メーカーから来た写真はまだ試作品ですが、商品自体の発送開始は来月初旬から半ばになる予定です。

入力はRCAのコアキシャル入力が3、光のトスリンクが3の6入力です。光のトスリンクのレシーバーは30MHz帯域の高速タイプを使っていますので、192KHzFsの信号も余裕で受けることが出来ます。

 デジタル信号の分配や配線に悩んでいる方には朗報です!!

2019917132457.jpg

 

Bakoon Products SCA-7500K 特割セール

バクーンプロダクツの小型アンプSCA-7500Kを特別割引セールをさせて頂きます!!! 通常価格より10%オフでの販売になります!!

SCA-7500Kですが、一昨年話題になった限定モデルのAMP-KUMAMOTOのアップグレードモデルになります。

AMP-KUMAMOTOは入力インピーダンスが1kΩだったのに対してSCA-7500Kは100kΩを確保する事により、出力インピーダンスが高い真空管アンプとの互換性やスピーカーの駆動力の向上という面で非常に魅力的なモデルになっています。
 
また、AMP-KUMAMOTOでは、バイアスの調整が済むまでは電源スイッチを入れてから、5,6分掛かっていましたが、SCA-7500Kではバイアスターボ回路を投入し、立ち上がり時間を10秒ほどにしています。
 
RCA入力のみですので、SATRIリンクに囚われることなく、お手持ちのプリアンプ等でSATRI回路の圧倒的再生音を楽しむ事が出来る魅力的なモデルだと思います。
 
この機会をお見逃しなく!!

201996145342.jpg

 

Bakoon Productsバクーンプロダクツから新世代のハイエンドアンプ誕生

Bakoon Productsバクーンプロダクツから新しいハイエンドのアンプがパワーアンプとプリアンプそれぞれデビューしました。

とはいえ、ご存知の方はいらっしゃると思うのですが、ここのところ壊滅的に仲の悪くなっているお隣韓国では日本より一足先にデビューしてかなりの好評を得ています。

今回のモデルの最大の特徴はSATRI-LINKが無い、つまり電流伝送を使用しない点です。それに代わりバランス接続を新たに採用しています。

元々PAアンプのPAW-100Wを購入したディラーがテストした結果、PA用とは思えないほど情報量が多いと言う事で、ピュア・オーディオ用のアンプを作ってくれと言う事から始まったらしいです。
 
バランスアンバランス変換にはOPアンプを使っています。OPアンプを使うと、純粋のSATRI回路に比べると音が太くなります。
 
アンプの回路はSATRI-ICは使用していないので、精度はAMP-5521などのSATRI-LINK搭載の物に比べれば一桁精度は落ちるとの事ですが、AMP-KUMAMOTOで搭載した最新回路HIBIK(I)-ICとHBFBC-ICに加えOPアンプによって得られる線の太く張りのある音は、今までのSATRI-IC回路では得られなかった音です。精度が落ちたと言っても元々バクーンのアンプは超高精細高精度なので、補って余りある。

パワーアップがAMP-5570

2019824123327.jpg

そしてAMP-5570に合わせて創り上げられたのがプリアンプのAMP-5440です。AMP-5440を組み合わせる事によって全体の重心が下がり空間が格段に広くなり、彩りが豊かになります。パワーアンプダイレクトも良いけど、プリアンプってやっぱりあった方が絶対イイって思わせてくれるプリアンプ。

実はバクーンプロダクツの代表兼開発者の永井さんは、SATRI-IC回路を搭載せず、SATRI-LINKの代わりにOPアンプ使用のXLRバランス接続の2台には若干わだかまりがあるようで(無理もない、肝の電流伝送を封印しているのだから。。)

ただ、AMP-5570とAMP-5440の2台に確実に言えることは、SATRI-LINKから解放された事により他社製品のハイエンドオーディオ機器とも気兼ねなく組み合わせて楽しめるようになったのは大きい。電流伝送ではなくなったので、様々なケーブルを使う事で音の変化を楽しむことも出来るようにもなりました。

今まで、SATRI-LINKでバクーンアンプに及び腰だったユーザーにバクーンのアンプを堪能してもらう新生代の最高の2台だと思います。

プリアンプがAMP-5440

2019824123416.jpg

 

こちらは韓国で行われたオーディオショーでのデモ演奏になります。ご参考までに

http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=2391478&logNo=221513684147

 

 

詐欺サイトに注意してください!

ここ最近、偽サイト(詐欺サイトと言っていいと思いますが)での激安販売が報告されています。

お取引先メーカー様も確認されておりますが、取引が一切ない実体のない詐欺サイトです。

当店の写真や商品説明を無断転載しています。今回はバクーンプロダクツの商品でしたが、過去にはエクセルサウンドのカートリッジが格安で販売されいた時もありました。

格安で販売していますが、購入手続きを取っても商品は絶対に届きませんのでご注意ください!!

 

201982095538.png

お盆休みについて

残暑お見舞い申し上げます。
 
立秋とは名ばかりで、連日の厳しい暑さ、いかがお過ごしでしょうか。
 
お盆休みに突入して来週19日まで連休が続く方も多いかと思います。当店でお取り扱いさせて頂いているメーカー様も多くがお盆休みに入っております。
 
当店のお取り寄せ又は受注生産の商品は連休明けからのお手続きになってしまいます事をご了承下さい。
 
ニュースでは相変わらず記録更新の暑さを伝えています。なお一層の自愛の程お祈り申し上げます。
 
 
 

YARLANDの電源タップ再発売

暑いですね。。ずっと天気が優れなかったのが嘘のように連日の暑さ。

表題通りなのですが、ヤーランドジャパンから発売されていたご好評だった旧型のオーディオ用電源タップがメーカー在庫分が出て来たらしく在庫限りの再販となりました!

内部配線は全て99.99%の純銅を使い、出力部は全て純赤銅採用。LCフィルター方式のノイズフィルターが4口と現行モデルとそれ程変わらない性能でありながら価格は、この手の電源タップよりもかなりお買い得価格です。

在庫数はそう多くは無いと思うのでお早めにどうぞ!!

 

A&Cオーディオから新しいスピーカー

TRI PHONICトライフォニック・ブランドを展開するA&Cオーディオから新しいスタンドアローン型のスピーカーが販売されました。

取り扱っている当店が言うのもなんですが、いつもユニークな名前を付けている同社ですが、今度のスピーカーの名前は"SLEEPING BEAUTY 1025" 眠れる森の美女です笑)。

ネーミングはともかく、同社が、トライアル&エラーを繰り返し探求して来たオリジナルの超硬度ダイアフラムのドライバーユニットを始めとした数々のオリジナルパーツとデザインで作り上げられたスピーカーは、音数の多い音源でも淀みなく透明度の非常に高い音、パワフルでスピード感のある生々しく美しい再生音が特長です。

ここ一年ほどで、A&Cオーディオのラインアップが一新して、ボトムモデルからハイエンドモデルまで、網羅したトライフォニック・スピーカーの価格を超えたサウンドは、これから注目の的だと思います。

2019720113346.jpg