ホーム>STAFF BLOG>2013年12月

2013年12月

ASTOR アストロ電子のRCAケーブル

ASTORアストロ電子企画のRCAケーブル RCAGシリーズ。非常に廉価なのですが、金メッキOFC(無酸素銅)線をフッ素樹脂PFAで被覆したケーブルは癖がなく抜けの良いクリアーな音を提供してくれる非常にコストパフォーマンスの優れた音響ケーブルです。また、スピーカーケーブルとしても優れたパフォーマンスをしますので是非お試し下さい。

切り売りもしていますので、お気軽のお問い合わせください。

2013123112432.jpg

Fidelity-research

ラウンデルリサーチ社に出していた針交換とカンチレバーの修復のFR-7fzが戻って来ました。

結構高い金額で買い取ったのですが、誤ってカンチレバーを曲げてしまい念のためコンディションを確認してもらったところ思いのほか針の摩耗も進んでいたため針交換。ちょっと高くなってしまいますが、これで自信を持ってお勧め出来ます。

2013122812741.jpg

修理上がり

20131227142134.jpg

ナカミチの高級CDトランスポート1000mbがメーカー修理から戻って来ました。

今の高級プレーヤーにも引けを取らない素晴らしい音を提供してくれます。

 

買取品

20131227142453.jpg先日SONY TC-K777ES2を買い取らせて頂きました。

古いカセットデッキですが、銘品ですね。今でも惚れ惚れする音を出してくれます。

コンディションも上々、良い買取品でした。

FAL フラットスピーカーユニット

FALのフラットユニットの構造は肉厚のアルミダイキャスト製フレームに大型のネオジウムマグネットを取り付け、

振動板は軽量高剛性の発泡スチロール(補強リブ入り)に表面にパピルス、ボイスコイルボビンはフランス、デュポン社製で

エッジは東レのエクセーヌをダブルエッジにして柔らかくても強度が取れ振動板をしっかり駆動、リニアリティと高能率、高耐久性を両立しています。

ボイスコイルボビンは振動板に合わせた長方形で外側と内側に銀線が二重に巻かれネオジウムマグネットの磁気回路がボイスコイルを挟む凝りようです。

FALの平面スピーカーユニット

秋葉原に店舗を置くFAL。

FAL自慢の フラットスピーカーユニット、ほぼ全て設計者の古山氏の手作りです。

40年近く平面スピーカーを研究開発し続けている方です。

このユニットから発せられる音が凄いです。平らなこのユニットから生々しく、パワフルで音像がはっきりした音に驚きます。

見た目は正直好みの別れるところでは在りますが、その音は本当に素晴らしいの一言です。

是非味わって頂きたいスピーカーです。

山本音響工芸 PB-19

アルミナセラミック製のスペーサーで、小粒ですが使い勝手が非常に良く、音質効果も抜群!

海外のオーディオファンにもその費用対効果で大人気です。

是非お試し下さい!

山本音響工芸のYDA-02

海外の方にも人気が高かったD/AコンバーターYDA-02が部材供給元の生産終了にともないデビューからわずか一年ちょっとで

生産終了になってしまいました。奇しくも海外のお客様からオーダーが入った直後でしたので、重ねて残念です。

また、新しいモデルがでるのを楽しみにしています。

 

 

Pastoral Symphonyその2

先日ご紹介したPastoral Symphony(パストラルシンフォニー)なのですが、

現在、micropure(マイクロピュア)の技術がそのまま注がれたスピーカーをもうすぐ販売します!

スピーカーの生産体制は整っているので、いずれご紹介出来ると思います。

コブクロ

コブクロといえば、オーディオマニアとしても有名ですね。

数年前タモリクラブで某有名オーディオ店での放送も在りました。

そのコブクロの方も実はWAONNのJupiter(ジュピター)を愛用しています。