ホーム>STAFF BLOG>2014年3月

2014年3月

バクーンプロダクツの新製品

先日バクーンの永井さんとお話ししたときに教えていただいたのですが、もうそろそろ以前からお話を伺っていた新製品の小型のヘッドフォンアンプが発売されるようです!!価格も今までよりもこなれた金額になると思います。今から楽しみです!!

 

Aug-Line製品

貴金属で製造したハイエンドのケーブルで注目のオーグラインを取り扱わせて頂くことになりました!

オーディオアクセサリー誌に2009年度オーディオ銘機賞の受賞暦のある製品です。

//aug-line.com/

バクーンプロダクツSCA-7511MK3のモノラル化

SCA-7511MK3は15W+15Wですので音量が小さいということであれば、もっと出力が大きいアンプが必要です。

そこで、SCA-7511mk3をBTLに改造するというものです。

その場合は、改造費は1台3万円ですが、モノラルになりますので、もう1台必要になります。

 

SATRI アンプのノイズについて

先月イギリスのお客様に販売したSCA-7511MK3がノイズが出るということでバクーンプロダクツさんに送って診てもらいました。結果は異常なし。SATRIアンプはインバーター式の蛍光灯や可変式のLEDの影響を受けやすく、周波数帯域が伸びているので入力からノイズを拾うと出力に出してしまいます。また、イギリスのお客様の場合220Vでオーダーを受けたのですが、実際の使用は230Vでしたので、その影響ももしかしたら有ったかもしれません。

今回の対策はブリアンプ用の低雑音電源を採用することによって、今までの1/10の雑音レベルにして頂きました。今まではこの電源を使用すると、雑音が小さくなる代わりに電圧も低くなり、その分アンプの出力が低くなるのでパワーアンプでは採用できなかったのです。今回は、回路を変えることで出力の低下が出ないようにすることで、ひとまず解決してもらいました。

事細かに色々対応してくれるのはうれしい限りですね!大手メーカーさんにはなかなか出来ない対応だと思います。

 

山本音響工芸YDA-01

トランジスタータイプのDAコンバーターです。

伸びやかな音調、クリアーで豊かな響きでレスポンスも滑らか。解像度が高く、繊細な表現から力強くパワフルな音まで見事に再現してくれるところに人気があるようです。

 

弦楽器を堪能したい方にはコストパフォーマンスも良いのでオススメです!

//www.exclusive-audio.jp/shop/products/detail.php?product_id=58

ノイズ

ノイズの認識が人によって微妙に違うのは難しいところです。

あるオーナー様には気にならないくても別のオーナー様にはものすごく気になったり、メーカーさんとオーナー様の認識の違いがあったりと。

メーカーさんは、ホワイトノイズと思っても実際に使っているオーナー様はホワイトノイズではないと。。

ノイズは全くでないに越したことは有りませんが、データ上は出てしまうものは有りますし、、

難しいです。。

寺垣ターンテーブル

ちょっとした機会があり、SEIKO EPSONの寺垣 Σ3000を扱わせて頂きました。まさに幻。。取扱いには緊張しました。。

また、面白いもので続けてΣ2000も委託という形で取扱わせて頂いていおります。こちらはイタリア在住のイタリア人の方で商品もイタリアに有ります。

ご本人が当時個人輸入で日本から購入されたもので、電圧も100V、元箱からアクセサリー類も全て揃っています。金額は送料込みの7500ユーロ(およそ105万円ほど)です。

くすみや汚れ等はありますが、国内で極まれに流通している相場よりもかなりお買い得だと思います。興味のあるお方はご連絡ください。

20143323307.jpg