ホーム>STAFF BLOG>2016年2月

2016年2月

山本音響工芸 PB-19

セラミック製のセッティングベースです。このセラミックはアルミナ96と呼ばれるタイプで、ダイヤモンドに次ぐ硬度9の硬さを持っています。

両面テープ等を使ってスピーカーなどの底面に接着

PB-19.JPGPB-19-1.JPG

そのまま、スタンドに設置してもOK

山本音響工芸PB-19-2.JPG

音がいい感じに締まります。16つ入っていますので、使い勝手がいいです。

このセラミックスペーサーは山本音響工芸の他の製品と組み合わされています。

MGB-50, MGB-1

是非!

//www.exclusive-audio.jp/shop/products/detail.php?product_id=67

山本音響工芸のワッシャーWA-1

真鍮製で非磁性下地処理24金メッキ仕上げのワッシャーです。綺麗です。

WA-1.JPG

アナログカートリッジをヘッドシェルに取り付ける時にバランス取り等に活躍します。一つ1.47gですので、カートリッジやヘッドシェルが軽く過ぎて、うまくバランス取りができない時などに使うと便利です。こんな感じで。ワッシャーの厚みがあるので、BT-1BT-2等の幾つか長い取り付けネジと合わせると使い勝手がいいと思います。山本音響工芸のHS-2との組み合わせ、ゴールドと相まって、とても綺麗。

WA-1-2.JPG

また、所有しているそれぞれのカートリッジをWA-1と組み合わせて全て同じ重量にして置くとカートリッジ変更ごとに一々バランス取りをし直さなくて付け替えるだけですので、とっても便利です。

如何でしょう? 是非!

//www.exclusive-audio.jp/shop/products/detail.php?product_id=177

山本音響工芸の木製ベースPB-20, PB-21

今更ですが、黒檀といえば、最高級木材のうちの一つで、古くから銘木として世界で知られています。

密度が濃くて非常に硬く、耐久性にも優れているので、昔から高級家具やピアノ、弦楽器(ストラディバリウスも!)等の楽器に使われています。

山本音響工芸で採用しているものは、いく種類かある黒檀の中で、最も希少価値が高く良質でワシントン条約で制限されているアフリカ黒檀です!

とにかく硬い。。綺麗に加工されたPB-20, PB-21同士で叩くと綺麗な音が響きます。

201626215742.JPG20162622018.JPG

このPB-20, PB-21を組み合わせてアンプやスピーカー等のベースに使用すると

20162622823.JPG

音のブレというか迷いがなくなるというんでしょうか、音が締まって音の伸びも心地いい。。

設置自体もPB-20PB-21を向かい合わせて機器を上に置くだけで簡単。

201626221525.JPG

見た目も悪くないです。

本当に硬いので金属製スパイクを使用していて置き所に困っていたり、共振して鳴いてしまっているような場合には受け側のPB-21が難なく受け止めて、

尚且つ金属の鳴きも解消してくれます。

アンプやプレーヤーであれば、セッティングボードの MGB-50等とのコンビネーションは更に効果的です。

他にも山本音響工芸のセッティングベースの効果をお楽しみください。

是非!