ホーム>STAFF BLOG>2018年9月

2018年9月

武藤製作所のオーグラインその2

武藤製作所が製作するオーグラインケーブルのノイズのない高純度の音楽信号を伝える事を可能にしているのは、絶縁材による非常に高いシールド性のお陰。

というわけで、武藤さんにその秘密を教えて貰ってしまいました。

動画で武藤さんが紹介している薄べったい白いプラ板みたいな物が、非常に高い絶縁性を備えています。が、値段も高い。。

これをただでさえ高いオーグラインケーブルのシールド性を上級クラスのケーブルには全て巻いているそうです。

ちなみに武藤製作所の試聴室にある武藤氏自作の機器類の内部はターミネーター素子とこのシールド材が満載です。

武藤氏.jpg 2018924232754.jpg

実は、このシールド材、もう生産中止で武藤製作所にある在庫以外無いらしく。

こっそり、エクスクルーシブ・オーディオに切り売りしてくれるとの事。。

近々当店にラインアップ予定です!

武藤製作所のオーグラインその1

先日、金銀プラチナなどの貴金属を使用した合金でオーディオケーブルを製作している武藤製作所にお邪魔しました。

代表の武藤さんにいろいろお話を伺い、試聴などをさせて頂きました。

試聴は同社の試聴室でさせて頂いたのですが、元がオーディオ好きの武藤さんだけに予想よりはるかに立派な施設でした!

ここに写っているアンプから音調パネルも含め、ほとんど全てが武藤さんによる自作!のオーディオルーム。

2018912141450.jpg

武藤さんが指差ししてるケーブルは同社のハイエンドケーブルHorus Neo+aを3メートルを継ぎ足した6メートル仕様トータル300万円!

ただホルスであれば、音のシュリンクや劣化は無いそう。正直ケーブル系は全てハイエンドケーブルとノイズ吸収ターミネーター素子を使って武装しているので、

当然音は物凄く良かったです。。

2018912143248.jpg

というより、オーグラインの凄さは、録音されたオリジナル音源や焼かれた音源の状況や状態を包み隠さず伝えてくるところ。

当然、録音された元の音源は常に耳に心地いいかと言えば、楽器によっては耳に突き刺さって来る様な音もあります。

ジャズバーで聴くトランペットの生演奏は、意外と耳に痛かったりしますが、そういう音もそのまま伝えてきます。

この、あるがままの原音再生を活かすアンプは。。武藤さんも口にした電流出力のバクーンプロダクツ

それとステレオタイプの真空管アンプのイメージとはかけ離れたアストロ電子企画がいいコンビネーションになるのではないかと思いました。

両社の共通しているところは、高域が〜低域が〜と言わない。それはオリジナル音源の音次第、つまり音に一切色付けをせず、あるがままの原音再生のため。

2018912145247.jpg

 

それを改めて実感したオーグラインの試聴室でした。

続く