ホーム>STAFF BLOG>バクーンプロダクツの名称及びロゴについて
STAFF BLOG

バクーンプロダクツの名称及びロゴについて

バクーンプロダクツといえば、独自開発のSATRI-IC(サトリIC)と電流出力によって最高の音質を得る事で日本よりも海外での知名度も評価も高く、最近ではオーディオ誌のMJでの高評価と共同アンプキットで好評を得ています。

その同社は、特にお隣の韓国での人気が非常に高く、韓国の正規代理店を通して飛ぶ様に売れています。

また、韓国籍の会社にバクーンプロダクツの肝であるSATRI-ICをOEMで供給していました。その会社にはSATRI-ICを供給するだけではなく、バクーンの名前とロゴも使用許可を与えていました。

その名もBakoon International「バクーン・インターナショナル」。日本未販売ですが、アメリカのオーディオ誌でも高評価を受けていました。もちろん全てバクーンプロダクツが供給していたSATRI-ICのおかげですが。

その韓国籍のバクーン・インターナショナル社(資本提携は全くない)がバクーンプロダクツの名称とロゴの登録商標を日本以外の国々で本家本元のバクーンプロダクツが知らぬ間に取得してしまいました。

それはまさに中国の企業が松坂牛や無印良品などの日本ブランドを知らぬ間に横取り登録したのと全く同じ行為。いやむしろバクーン・インターナショナル社がやった行為は最悪の裏切り行為でしかありません。

とても受け入れ難い行為ですが、既に各国でパテントを取られてしまっている為、バクーンプロダクツの名前で海外での販売が厳しい状況になってしまいました。

バクーンプロダクツの名称とロゴを奪ったバクーン・インターナショナルの製品ですが、当然ながら本家バクーンプロダクツと敵対関係になってしまった為にバクーンからの最新のICの供給はなくなり、古いSATRI-ICを搭載しているか、

同社が独自でSATRI-ICを改良した物になるので、もはやバクーンプロダクツの音ではなくなってしまっています。なぜならSATRI-ICの開発も製造も日本のバクーンプロダクツが行っていますからね。

現在、韓国では裁判中ですが、裁判の申請は各国で起こさなければならず、時間も費用も掛かります。また韓国の裁判所からは、裁判中は名称とロゴ使用の差し留めを受けてしまいました。

日本国内では問題ないのですが、ロゴや名称を海外では使用できなくなってしまいました。その為、誠に遺憾ではありますが、同社では一部商品から名称とロゴの変更を始めました。

新しい名称はSCL (SATRI Circuit Laboratory)へと変更して行きます。先ずはCAPシリーズの一部商品からです。

20214118720.jpg

日本国内外を問わずデザインの変更をするのは国内モデルと海外モデルの両建ては商品価格に反映されてしまう為、統一しました。また、どこまでの製品を変更して行くかは決定しておりませんが、

価格の低いCAPシリーズはいずれ全て変更になると思われます。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

バクーンプロダクツの製品はこちら

https://www.exclusive-audio.jp/shop/products/list.php?category_id=17

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.exclusive-audio.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/238