山本音響工芸 A-08S WE101D/104D シングルステレオアンプ出力管別売り

A-08S Western Electric 101D/104D バージョン

 
 
高い評価を得ているWE205Dよりも出力はもっと小さいWE101D,WE104D専用のA-08Sの姉妹機です。出力が1Wに満たない大きさですが、WE205Dに劣らず音が良く、試作機の段階で期待した以上の音質と出力も十分に実用に耐えるという事で商品化されたモデルです。
WE101Dの約0.25Wの低出力をプレート電圧として約250V負荷を掛けて13.5mAを流すことで消費電力を約3.5Wにしています。このときの負荷インピーダンスは5kオームとして約0.6Wの出力が得られています。一方、WE104Dは規格表での最大出力はプレート電圧190Vで約0.8Wの出力が得られるとされていますのでそのままの状態を採用しています。いずれのタイプでもプレート電流の値はカソード抵抗を微調整して最適値を求め、規格値通りの約0.8Wの出力が得られています。また、カソード抵抗を切り替えるだけで両真空管が使用できます。
 
 
WE101DとWE104Dは外観はほとんど違わないくらいよく似ていますが、その特性や音は大きく異なり、全く性格の違う真空管であることがよくわかります。WE101Dが男性的な力強くエネルギッシュなサウンドを特徴とするのに比べWE104Dは女性的で優しく柔らかな音という印象です。両者を比較する場合ゲインの違いが大きためプリアンプのボリュームの位置を大幅に変えないといけません。同じ位置で聞くと音量が違いすぎてWE104Dが迫力がないように聞こえます。印象としてはWE104Dは少しゲインが少なすぎるため出力トランスに2.5kオームくらいの物を使用する方が結果は良さそうに思えます。
 
項目 WE101D(ST) WE101D(Ball) WE104D(ST) WE104D(Ball)
ヒーター電圧 4.5V DC 4.5V DC 4.5V DC 4.5V DC
プレート・カソード間電圧 253V 251V 189V 199V
プレート負荷インピーダンス 5k ohm 5k ohm 5k ohm 5k ohm
カソード抵抗 2k ohm 2k ohm 3.5k ohm 3.5k ohm
カソード電圧(バイアス電圧) -27V -27V -58V -58V
プレート電流 13.5mA 13.5mA 16.7mA 16.0mA
最大出力(THD:10%) 0.69W 0.63W 0.94W 0.81W
ゲイン 21.9dB 21.5dB 15.3dB 15.8dB
残留ノイズ 0.62mV,0.82mV 0.44mV,0.91mV 0.44mV,0.63mV 0.44mV,0.62mV
周波数特性(-3dB) 21-27,000Hz 22-29,000Hz 12.6-38,000Hz 12.6-39,000Hz
 
WE101Dを使用したアンプの印象は、大音量を出したとき以外は同社のWE205D、45、300B等全てのアンプの中で最も躍動感があり、クッキリした明瞭なサウンドであると感じました。これはこのアンプのノンチョーク式の電源の影響が大きいようです。通常のアンプでは出力段のB電源のリップルを除去するためにチョークコイルを使用しますが、このアンプは使用電流が小さいためチョークコイルを使用出ずCRのみでフィルターを形成してB電圧を供給しています。
 
 
出力段のカソードバイパスコンデンサーには米国デアボーン社のラグ端子型のポリプロピレンコンデンサーを弊社似てベークライトのケースに高強度エポキシ樹脂で封入したタイプを使用していることも音質的に大きく寄与しています。また、本機にはドライバー管としてシーメンスのC3mという真空管をシールドケースを取り去って使用しています。C3mは1968年頃に発売された比較的新しい設計の5極管で、非常に特性が良く、きれいな音がしてノイズなども少ない優れた真空管です。
 
 
WE101DとWE104Dは共にST型とテニスボール型をテストしましたが、ST型は良く締まったタイトなサウンド、テニスボール型は大らかなゆったりしたサウンドと感じました。テニスボール型は形がおもしろく見て楽しいですが、高価ですので音質から選べばST型で十分ではないかと感じました。
 
使用真空管 WE-101D/104D*, C3m, 80
最大出力
WE101D:約0.6W/8Ω 
WE104D:約0.8W/8Ω
周波数特性 22Hz-28kHz(-3dB)
出力トランスのインピーダンス 1次側5kΩ、2次側:8Ω
残留ノイズ 0.4-0.8mV
ドライブ方式 CR結合、自己バイアス方式
サイズ 400(W)294(D)204(H)m
重量 14.3㎏
 
*真空管が稀少で入手が難しいため、出力管付きでご希望の場合はご連絡下さい。参考までにWE101D ST型ペアは8万円程です。
**受注生産になりますので、納期が3−4ヶ月以上掛かる場合がございます。
 

レビュー

ちょっと信じられないくらいセンセーショナル!! 
101Dは300Bなんて比較にならない位良い。今まででベストのアンプです。
 
商品コード:101d
山本音響工芸 A-08S WE101D/104D シングルステレオアンプ出力管別売り
ウェスタン・エレクトロリック101D/104D専用シングルステレオ・パワーアンプ
 
 
通常価格:352,000~440,000(税込)
販売価格:¥348,480~435,600(税込)
ポイント:3,168~3,960Pt
関連カテゴリ:
商品から選択 > アンプ > Tube amp/真空管アンプ
商品から選択 > アンプ > Power amp/パワーアンプ
メーカーから選択 > Yamamoto Sound Craft/山本音響工芸
真空管/Output Tube:
数量 Qty
在庫 Stock: 有り
カゴに入れる

Browser translating cannot proceed checkout.

問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む