Analog Relax EX3 純銀線 MCカートリッジ

NEWオススメ
商品コード:AR-MCC-EX3
Analog Relax EX3 純銀線 MCカートリッジ

音楽を味わい深く再現する

 

 
通常価格:330,000(税込)
販売価格:¥330,000(税込)
ポイント:3,000Pt
関連カテゴリ:
商品から選択 > ターンテーブル > Cartridge/カートリッジ
メーカーから選択 > Analog Relax/アナログリラックス
数量 Qty
在庫 Stock受注生産
受注生産品になります。納期は1ヶ月程掛かります。
*メーカー受注状況により納期が前後する場合がございます。
カゴに入れる

Browser translating cannot proceed checkout.

問い合わせる

強さと繊細さが欲しいあなたへ

アナログが好きで、レコードが好きで、いい音が聴きたくて、これまでいろんなことをやってきた。
カートリッジ選びも、そう。
力強さを求めてカートリッジを選んでみても、もう少し音の解像度やレンジ感が欲しいと思う…
そこで、より繊細な音を探し求めて違うカートリッジを選んでみても、やっぱりもう少しアナログらしい力強さや太さが欲しくなってしまう…
強さと繊細さの両立。
この、相反する要素を求めるのは、単なる我儘なのか??
そんなことはありません。
この「EX3カートリッジ」は、そんなあなたのために開発しました。
 

強さの秘密

EX1から受け継いだ発電部
発売以来、その価格にも関わらずアナログを愛する達人に愛され、多数導入いただいている「EX1カートリッジ 」。
極上の音色を醸し出すとともに、力強さを生み出すこの「EX1」の発電部をベースに開発しました。
出力も0.45mvを捻り出し、アナログ本来の力強さと旨味を抽出します。
 
 
他に類を見ない強力なマルチネオジウムマグネット
アナログリラックス製カートリッジの特徴でもある、ネオジウムマグネットをマルチで配置した方式。
他社製品にはない強力な磁力を生み出すことで、コイルの動きを明敏に捉え、効率よく発電することが可能です。
 

繊細さの秘密

演奏者の息遣いが伝わる艶感と空気感を再現する、純銀コイル
コイル線の素材に「純銀」を使用。ボーカルや生楽器の艶感、楽器が奏でる空気感を絶妙に再現します。
 
 
長年寝かせたハードメイプルの無垢材を削り出したウッドボディ
アナログリラックス製カートリッジの拘りでもある「無垢木材によるウッドボディ」。
EX3では長年しっかりと寝かせた「ハードメイプル」を使用。楽器に幅広く活用される木材で、樹脂や金属などの固有の振動がなく、より自然な響きが得られます。
 
コイル 純銀
インピーダンス
15ohms
適正針圧 2.0g
マグネット ネオジウムマルチマグネット
針先 角柱楕円針
カンチレバー アルミニウム
出力電圧 0.45mv(1kHz)以上
ボディ ハードメイプル無垢木材削り出し
重量
10g(単体)
*納期は約4週間ほどかかります。
*全て日本国内の職人が、手作業で仕上げます。
*無垢ウッドボディは自然のものですので、色味、木目などに個体差が生まれます。
 

商品レビュー

「井筒香奈江」の45回転ダイレクトカット盤がすこぶる快調。エッジのキレが優秀。そして前景から後景まで、大振幅から微小振幅まで描像の能力がすこぶる高いのだ。しかも音像は実体感を備えて虚空にたたずむ風情だ。ヴィブラフォンの打鍵は接点が見えることに明敏であり、余韻の減衰カーブが実に緻密だ。それに銀巻線らしい清涼感が伴うわけで、声の擦過音の爽やかさ、現場の響きの3次元的な展性も魅力だ。タンゴ系も同様に打音が俊敏であり、バンドネオンの高調波たっぷりの共鳴音が生々しい。強いて言えば管楽器のソロなどややクールに聴こえることがある。それについてはシェルリード線の交換という手がある。
*管球王国Vol.95
 
アルミカンチレバーに純銀コイル、木製ボディーという使用だけから考えると、ついついふわりとした重心の低い柔和な音調を想像してしまいがちだが、本機にはそうしたふやけたところはない、繊細さと力強さと言うコンセプト本来の再現性が充分発揮されたのかどうかは判然としないが、例えばバロックでは高域に艶を効かせた手触りがある。古楽器の音には確かにこうした艶やかさと一種の粘りが感じられるものだが、そういう感触がつまり本機の目指したものなのかもしれない。コントラバスなど低音の出方には特に意識した力みはなく、穏やかな流れと言っていい。ピアノはタッチの輪郭も強調した形跡がなく、どちらかと言うと抑えた鳴り方をする。フォルテでも無闇に角が立つ事はなく、線の太さがひとりでに出てくる感覚だ。弱音部のパッセージは細かく引き出されているが、それも決して嫌味になるほど強調した出方をしているわけではない。オーケストラはトゥッティのフォルテを強力に描き出すが、木管楽器の弱音は静かに収まる。高域の輝かしさが過剰になるかどうか、使いこなしも問われそうな印象である。
どこか懐かしさを覚えるアナログサウンドを聞かせてくれた。時代の先端を行くカートリッジのようなワイドレンジ、高解像度と言う印象ではないが、豊かで厚みのある低音をベースにしたメリハリのある音調により、アコースティック楽器を主体にした音楽を味わい深く再現するように思えた。
*MJ無線と実験
 

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む