オーグラインSolid Aug-Line USB Special Edition USBケーブル

定位や奥行きの再現力が抜群!

USB Special Editionケーブルは金と銀の合金”オーグライン”と、世界初の高純度プラチナ、金、銀をトリプルブレンドした上級素材”オーグライン+Pt”を理想的なバランスで導体に使用し作られた4芯ツイストデジタルケーブルです。
 
 
音質に大きな影響を与える絶縁材にはテフロンの中でも優れた特性を持つPTFEを使用しています。
USB2.0規格に準ずる構造を持ち、シールドにはアルミポリエステルと編組シールドによる2重構造に、さらにドレインワイヤーを配し、鉄壁のノイズ対策を行っています。使用している金属および絶縁材にはRoHS指令に規定される物質は含まれていません。
 
 
PCと深く関わり合うUSBケーブルは、PCからのノイズ対策がかなり重要です。デジタル領域は周波数が高いので、考えられるシールド効果のある素材を使用しています。ケーブルの外周に高周波遮断シートを配し、プラグの周辺は制振を強化するために成形樹脂にタングステン粉を含有し、究極とも言える対ノイズ性を実現しています。
使用されるA及びBプラグは接点に金メッキを使用し、伝送ロスを防いでいます。
*USBのプラグ形状はAタイプとBタイプになりますので、予めご確認下さい。

商品レビュー

誰がどう聞いてもまるで違う。エラフィッツジェラルドとルイアームストロングの『AUTUMN IN NEW YORK』1956年録音の古典を聴く。SEはエラとサッチモの声にふくよかや柔らかさがあり、定位が抜群に良い。奥行き方向の空間も広い。オーディオチェック定番『カンターテ・ドミノ』を聴いてみる。ソプラノの艶、響き、立体的な立ち姿、大合唱の奥行きと左右の広がり、ことごとく他社のハイグレードケーブルに圧勝。
 
付けた瞬間ものすごい変化、静寂感がすごい。楽器の音色は丁寧に表現していて質が高い。音量を上げても乱れることなく、良くコントロールしていて雑さがない。澄んだ高域は伸びが良く聞いててとても気持ちいい。逆に低域は高域ほど目立たない適度な量。刺激的な音を排除したかのような音です。ジャンル問わずライブ音源はその場の空気感をうまく表現していてリアルで鳥肌もの。独自な光沢感があってかなり個性的なケーブルだと思う。
今まで聴いていたPCの音が劇的に変わります! 定位が抜群によく、奥行きが増して空間も広がります。音の艶、響き、立体感も驚くほど向上し本当に素晴らしい。
*オーディオアクセサリー誌抜粋
 
銀線に金とプラチナを配合した豪華なUSBケーブル。
audioquest carbonと比較すると、carbonは綺麗に聴かせようという開発者の意図が強く感じられる音だった。
それに、いくら低価格帯と比べて情報量が多いと言っても、やはり伝送中の音の劣化は避けられなかった。
一方これは、クセを感じない。まるでケーブルを経由していないようだ。劣化が限りなく少ない為か、空気感、空間表現に優れた立体的な鳴り方。
どこかで、銀線は通常明るいクセがあるがUSBケーブルに使用するとクセを感じずむしろ音質的に優れる、と聞いた。
実際、オーグラインのRCAケーブルは音に明るいクセを感じたので銀は敬遠していたのだが、このUSBケーブルからはクセというものを感じなかった。
高価格帯のケーブルでも銅線が一般的なのに、USBケーブルだけは銀線がよく使われている事からも信憑性は高そうだ。
*価格コムからの抜粋
オススメ
商品コード:Aug09
オーグラインSolid Aug-Line USB Special Edition USBケーブル
高純度プラチナ、金、銀をブレンドした4芯ツイストデジタルケーブル
通常価格:31,460~118,470(税込)
販売価格:¥28,380~106,810(税込)
ポイント:258~971Pt
関連カテゴリ:
商品から選択 > オーディオアクセサリー > Cable/ケーブル > デジタルケーブル
メーカーから選択 > Aug-Line/ オーグライン
長さ/Length:
数量 Qty
在庫 Stock: 有り
カゴに入れる

Browser translating cannot proceed checkout.

問い合わせる

関連商品

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。
新規コメントを書き込む
想像以上
2017/06/05 投稿者:匿名 おすすめレベル:★★★★★

付け替えた瞬間ものすごい変化をした。まずS/N比が半端ないし、静寂感がすごい。楽器の音色は丁寧に表現していて質が高い。ボリュームを上げても全然きつくないし、良くコントロールしていて雑さがない。音も柔らかくサ行の扱いも上手で刺さらない。音数はさほど多くはないが、澄んだ高域は伸びが良く聞いててとても気持ちいい。逆に低域は高域ほど目立たない適度な量。純銀ケーブル特有の神経質な音でもなくオーグライン+プラチナのバランスがうまく調和されてる感じです。ただしプラチナを使ってるせいか締まり感はそこまで強くなく、刺激的な音を排除したかのような音です。おそらくヴォーカルもの(特に女性)がベストだと思いますが、ジャンル問わずライブ音源はその場の空気感をうまく表現していてリアルで鳥肌もの。独自な光沢感があってかなり個性的なケーブルだと思う